手術室看護師が人気のない理由

看護師の資格取得を目指して勉強をしている方やこれから仕事がスタートするという方は、それぞれ希望する科があると思います。看護師になりたいと思った頃から「こういった看護師になりたい」といった理想を持っていると思うので、配属先への希望を持っている方も多いでしょう。看護師は様々な科目で仕事をすることが出来ますが、中には手術室看護師という活躍方法もあります。しかし、実際には手術室看護師を希望する方は少ない状態です。では、どうして人気がないのかその理由をご紹介しましょう。
手術室看護師の仕事は、手術の補助や手術が必要となる患者さんのケア・サポートが主な仕事となります。そのため、術後にはオンコールが多い科でもあり、体力的にも辛い仕事となります。帰宅後も何かあれば呼び出しがかかることになりますから、担当する患者さんによっては休日であっても遠出などが出来ないこともあるでしょう。また、手術室看護師は、術前・術後の患者さんと接することになり、コミュニケーション能力が問われる仕事となります。しかし、実際に接する時間というのは限られているため、「患者さんとしっかりと信頼関係を築いて看護をしていきたい」と考えている方にとっては物足りなさを感じるでしょう。術後はすぐに一般病棟へ戻ってしまう患者さんがほとんどなので、中には「やりがいが感じられない」と思っている方もいるようです。そして、手術室看護師という仕事をあまり知らない方も多くいます。当然、こういった仕事があることを知らなければ、希望する方も出てきませんよね。
手術室看護師はそれほど人気がない職種とはなっていますが、これから募集が増える科ともいえるでしょう。高齢化社会となればその分手術も増えるので、それに伴い手術室看護師の活躍の場も更に増えてきます。

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

固定ページ

カテゴリー