手術室看護師の勤務体制

看護師の仕事は様々な活躍場所がありますが、「手術室看護師の仕事をしている人が周りにいないから、どういった勤務体制になっているのか分からない」という方もいると思います。「手術室看護師を希望しているから、勤務体制などについても詳しく知っておきたい」と考えている方もいるでしょう。
では、手術室看護師の勤務体制について、ご紹介しましょう。まず、看護師の方は病棟看護師の仕事を基本に考えている方が多いと思いますが、病棟看護師の場合には2交替制や2交替制のところが多くなります。シフト制での勤務となりますから、休みなどは不規則となってしまいます。その点、手術室看護師の場合には、日勤もしくは当直や待機当番などといった勤務体制となっており、患者さんの状態によっても勤務が変わってくることになります。休みは、基本土日となっていますが、患者さんによっては自宅待機などとなることもあり、休日であっても外出が難しくなることもあるでしょう。病院によっては、夜勤勤務などがあるところもありますから、希望する際にはどういった勤務体制となっているのか確認しておいた方が良いかもしれませんね。外来看護師の場合には、基本勤務は日勤のみとなっており、休日は病院の休診日に合わせて休むことになりますから、比較的予定なども組みやすいでしょう。
このように、看護師の仕事はどういった勤務先を選ぶかによっても、勤務体制が大きく変わることになります。他の看護師と比べると勤務体制も大きく変わるので、手術室看護師を希望している方はこれらを理解しておくことが大切です。オンコールがある病院の場合は、休日でも心置きなく自由に遊ぶことが難しくなってしまうかもしれないので、これらも理解しておきましょう。

2019年8月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

固定ページ

カテゴリー