手術室看護師が知っておきたい仕事内容

看護師というと、病棟などで患者さんの担当する仕事をイメージする方が多いと思います。しかし、看護師の仕事は幅広く、手術室でも活躍する看護師がいます。看護師を目指している方、これから仕事をスタートさせる方の中には「手術室看護師に興味がある」という方もいるかもしれませんね。手術室看護師は、主にどういった仕事をしていくのでしょうか。
まず、手術室看護師は手術室所属という扱いになります。そして、手術の補助やこれから手術を控えている患者さんのサポートやケアなどが主な仕事となります。看護師資格以外に何か特別な資格はいるのではと思っている方もいると思いますが、手術室看護師は看護師免許があれば問題ありません。しかし、同じ看護師でも病棟勤務とは仕事内容が大きく変わってくるため、事前にしっかりと内容を把握しておくことが必要です。手術前の患者さんの不安を取り除いていくことも仕事であり、手術日は器械出しや間接介助を行います。手術後は、術後業務として様々な報告作業などがあります。事前にこのような仕事内容を把握しておかないと、いざ手術室での仕事がスタートした時に「こんな仕事までするのか」と後悔してしまうことにもなりかねません。そのため、手術室看護師の求人を探す際は、具体的な仕事内容をしっかりと把握しておきましょう。
このように、手術室看護師を目指したいと考えている方は、まず仕事内容を調べることが大切です。仕事内容を理解した上でチャレンジしてみたいと思うのであれば、きっと自分にとってやりがいのある仕事となるはずだと思います。患者さんのケアも重要な仕事内容の一つなので、コミュニケーション能力も問われる職種となるでしょう。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

固定ページ

カテゴリー